見守り契約のご案内(おひとりさま対策)|明石久美:相続・終活コンサルタント/行政書士

頼れる身内がいない、子どもがいないなど、「おひとりさま」が特に気にするのが「孤独死」や「孤立死」。

あらかじめ、専門家等と「見守り契約書」を作成しておき、定期的な電話や訪問をしてもらうことができます。

 

財産管理に関しては、「任意代理契約」で依頼することができます。

▲このページのトップに戻る
◆お問い合わせ・ご依頼はこちら