遺言書(遺言状)作成のご案内

●【遺言書(遺言状)があるとよいケース】

  • 自宅と少額な預貯金が財産
  • 相続人以外の人に渡したい・寄付したい人がいる
  • 争うことが明確
  • 前の配偶者との間に子がいる、認知している子がいる
  • もらった・貢献したなど「気持ちの清算」がありそう
  • 子がいない夫婦や子がいない単身者
  • 相続人に「認知症の人」や「障がい者」「行方不明者」がいる
  • 同居している子と同居していない子がいる
  • 共有の不動産がある

 詳細は、知っておこう!遺言書 にて ←結構頑張って作成しました

 

争いが起こればその後の人間関係を回復するのは難しく、一周忌や三回忌法要などが親族で行えないこともあります。

争いを回避するためには、法的効力のある「遺言書(遺言状)」が必要な場合もあるということです。

 

 

遺言書作成費用

 

1.公正証書遺言

120,000円(税別)夫婦同時作成の場合は200,000円)
(相談・提案、原案作成、公証人との打ち合わせ、当日の証人2名含む
 ※原案作成後に再作成の場合(微修正除く)は、追加料金として30,000円。

  ※公証役場への手数料が別途かかります



2.自筆証書遺言

 80,000円(税別)(相談、原案作成)

  


●面談場所

(1)みのり台駅徒歩6分の事務所 9時〜17時(土日祝日可)
(2)ご自宅(交通費等を別途いただきます)
(3)ご指定の場所(交通費等を別途いただきます)


 

 【公証役場の手数料】

 遺産額  公証人手数料
 100万円以下
 5,000円
 100万円超え200万円以下   7,000円
 200万円超え500万円以下  11,000円
 500万円超え1,000万円以下  17,000円
 1,000万円超え3,000万円以下  23,000円
 3,000万円超え5,000万円以下  29,000円
 5,000万円超え1億円以下  43,000円
 1億円を超え3億円以下  43,000円に5000万円までごとに13,000円を加算
 3億円を超え10億円以下  95,000円に5000万円までごとに11,000円を加算
 10億円を超える場合  249,000円に5000万円までごとに8,000円を加算

このほかに、公正証書正本・謄本の作成手数料(公正証書の枚数1枚あたり250円)がかかります。

また、

  1. 相続および遺贈を受ける者が2人以上いる場合は、各相続人および受遺者ごとに、その目的の価額によって手数料を算定して、合算した額になります
  2. 目的価額の総額が1億円以下の場合は、11,000円が加算されます
  3. 祭祀承継者の指定は、11,000円が加算されます
  4. 前に作成した遺言を撤回する場合は、11,000円がかかります
  5. 病院や自宅へ出張する場合は、通常の手数料の額にその2分の1を加算、日当10,000円(4時間以上かかるときは20,000円)、交通費の実費がかかります

 

【公正証書遺言 必要書類】

  • 遺言者の印鑑証明書1通
  • 遺言者の住民票
  • 遺言者と相続人との続柄が分かる戸籍謄本1通
  • 相続人以外の人に遺贈する場合には、その人の住民票
  • 相続財産が不動産の場合は、土地・建物の登記簿謄本及び固定資産評価証明書
  • 相続財産が預貯金・証券の場合は、銀行名・口座番号・会社名等を記載したメモ
  • 相続財産が債務の場合は、債務にかかる契約書(借用書など)
  • お墓の管理・供養を指定する場合は、お墓の使用契約書・住所等のメモ
  • 遺言者の実印
  • 証人2人の職業・氏名・生年月日を書いたメモまたは住民票や身分証明書、認印
  • 遺言執行者を指定する場合、その人の住所・氏名・生年月日・職業の分かるメモ

 

 

遺言書のお申込みから終了までの流れ

 ※電話相談、メール相談は行っておりません

1.ご依頼 

  • ご希望の面談日と時間の候補日をいくつかお知らせください 
  • 面談場所
    (1)みのり台駅徒歩6分の事務所 9時〜17時(土日祝日可)

    (2)ご自宅(交通費等を別途いただきます)
    (3)ご指定の場所(交通費等を別途いただきます

 

2.日時と場所のご連絡

  • 日時と場所をご連絡いたします

 

3.相談 

  • 面談にてお話をお伺いし遺言内容を決めていきます

     

4.遺言書の原案作成

  • 遺言内容の原案を作成します


5.原案の確認

  • 作成した原案の確認をしてもらいます

 

 ---公正証書遺言の場合---
 

6.公証人と打ち合わせ

  • こちら側で原案等を公証役場に持ち込み、作成してもらいます


7.遺言内容の確認と公証役場への日時決め
 

  • 公証人が作成した遺言書の確認をしてもらいます
    (公証役場への手数料も提示されます)
  • 公証役場へ行く日時を決めます


8.公証役場へ行く

  • 一緒に公証役場に行きます
    (その場で公証役場へ手数料を支払います)

 

 

問い合わせはこちら

 

 

赤●.gif 相続、遺言、後見、死後事務、葬儀・墓などに関する相談はこちら     
ポイント桃.gif 遺言書はこちら
ポイント水色.gif 法定後見申立て・任意後見契約・任意代理契約はこちら
ポイント青.gif 死後事務委任契約はこちら
ポイント緑.gif 尊厳死宣言書はこちら
ポイント橙.gif ライフプラン・保険見直しはこちら
 

赤●.gif 葬儀コンサルティング(葬儀の準備)はこちら
ポイント桃.gif 葬儀社紹介はこちら
ポイント水色.gif 葬儀代理と遺骨届け(他案件の依頼ある場合のみ)
ポイント青.gif お墓・散骨・遺品整理などの紹介・手配はこちら

 

赤●.gif 死後の相続手続き、遺産分割はこちら

 

案内  トップページ  事務所のご案内 事務所の特徴・強み
講演
実績
書籍
ごあいさつ プロフィール メディア・取材・執筆
セミナー内容 主な講演先 講演の様子
 主催者の感想 受講者の感想
 

相談
支援
紹介

各種相談 遺言書作成 成年後見
 死後事務委任 尊厳死宣言公正証書 ライフプラン作成
葬儀の事前準備  葬儀・お墓等業者紹介 葬儀代理・遺骨届
散骨・遺品整理等手配   相続手続・死後整理 相談者の感想
コラム 老い支度・終活の必要性 認知症と成年後見 遺言書があると良い人
葬儀準備の必要性 無料有料どちらが有益か  

▲このページのトップに戻る
◆お問い合わせ・ご依頼はこちら