認知症と成年後見

配偶者や親が認知症になってしまったり、判断能力が低下してきたら、施設にお願いすればいいや・・・では済まされません。


確かに、認知症患者は家族で介護するには手に負えないケースも多々ありますので、専門の施設へお願いする方が良いこともあります。

ですがその前に、認知症・判断能力の低下している人は契約能力が無いと見なされます。


介護施設との契約は誰がするのでしょうか。

入所施設への支払いはどうするのでしょうか。

 

本人ができない以上、家族の誰かが行わなければなりません。

しかし家族といえども第三者ですから、代理で契約することも、勝手に本人のお金を引き出すこともできません。


このようなとき、「私が本人の代理人ですという証明があれば、本人に代わっていろいろなことを行うことができます。

それが、成年後見制度なのです。

 

矢印桃左.png老い支度や終活は「何」を準備すべきか

成年後見制度の利用を考えるとき矢印赤.png


        ポイント橙.gif 老い支度サポートの詳細についてはこちら

       ポイント紫 .gif 葬儀事前準備サポートの詳細についてはこちら

       ポイント緑.gif 死後相続手続きサポートの詳細についてはこちら

▲このページのトップに戻る
◆お問い合わせ・ご依頼はこちら