無料・有料どちらが相談者にとって有益?

無料・有料どちらが相談者にとって有益かは、実はケースバイケースです。

些細なことを単に聞きたい・確認したい程度であれば、無料相談のほうがよいでしょう。
しかし、きちんとした答えがほしい、もう少し深いことが知りたいというのであれば有料のほうがオススメです。

 

通常は、無料相談の方が敷居は低いし、納得いかなくても無料だからあきらめもつくし・・・やっぱり入口は無料の方がいいよね。と思われるかもしれません。

 

確かに、どんな人なのかわからない相手に対して、いきなり費用を支払うのはためらうものです。支払う価値があるものを得られるのだろうか、ムダな費用にならないだろうか・・・という不安もあるでしょう。


しかし、「無料」はあくまでも「無料」で提供できる範囲です。

次につなげるための情報を小出しにして、どうしたらよいのかという課題を相談者に与え、解決するには有料で来てください。という感じでしょうか。


一方、「有料」でご相談にいらっしゃる方は、無料相談では得られない「不安」・「悩み」などに対して真剣に「安心」や「解決策」を求めていらっしゃいます。

 

「本当に困っている」、「自分にとって有益な情報を得たい」からこそ大切なお金をお支払いになるのです。


そのような「真剣な思い」に対して、ご依頼者様のために時間を費やし、「安心・解決策など」を提供したい、「お支払い頂いた以上の利益」を提供したい。
そのために今までたくさんの知識習得や努力を行ってきているのです。

そうだからこそ「有料」でおこなっているのです。

 

無料・有料どちらを選ぶにしても、自分にとって本当にプラスの情報がほしいと思うなら、それに見合う対価を支払わなければ、有益な情報などはもらえないとわかった上で選択することが必要です。

 

一番安心なのは、有料が前提ですが、初回1時間無料など、「お試し時間」のように設けてくれていると安心かもしれません。

ちょっと気が合わないと思えば、無料時間で終わらせることができますし、普通は出会ってすぐに相談に乗るわけではなく、挨拶して、どのような人かわかってもらいながら緊張をとってもらうなどするものです(「30分無料の延長なし」などの場合は、挨拶もほどほどに本題に入りますけど)。

 

いきなり1時間○円です。よーいスタートのように課金されるのはなんとなく不安ですし、「この人イヤ」と思っても料金を支払わなければならないのは不本意だと思いますので、あえてお互いを知る時間としてそのようにしていることもあります。

ただし、無料時間内は、どちらかといえば聞く側で、問題点を明確にする時間に使い、相談に対しての答えをその場で伝えない人もいますので、色々ですが・・・。

 

ただ、自分にとって有益な情報を得たい総合的に少しでも 費用を削減したいと思うなら、有料相談」のほうがメリットが多くあります。

 

矢印桃左.png葬儀準備は「誰と」行うのか「誰に」聞くのか

他社との相談の違い矢印赤.png


ポイント橙.gif 老い支度サポートの詳細についてはこちら

ポイント紫 .gif 葬儀事前準備サポートの詳細についてはこちら

ポイント緑.gif 死後相続手続きサポートの詳細についてはこちら  

▲このページのトップに戻る
◆お問い合わせ・ご依頼はこちら