葬儀準備の必要性

今後のことを考えて、遺言書作成や相続対策を行う人が以前より増えてきました。

今までは、遺言書作成や相続対策は「お金持ち」が行うことという認識だった人が多かったのですが、今では「トラブルにしないための対策」や「残された家族ののことを考えて」という人が多くなったからかもしれません。

 

しかし、生きているときに困らないような準備や、自分が死亡した後のことについての準備をするときに、「死亡したとき」つまり、「葬儀」の準備はしない人がほとんどです。

 

認知症になってしまったときのために「任意後見契約」をしておこう、延命治療などを行わず尊厳をもって死を迎えたいから「尊厳死宣告書」を作成しておこう、死亡したあと相続で大変な思いをしないように「遺言書作成」をしておこう・・・。

そう思って準備していても、「葬儀」だけは対象外になってしまうのです。

 

たしかに、近年まで「葬儀」の話などタブーでしたから、そのような風習がないというのもあります。


明石久美(明石シニアコンサルティング).JPGしかし、この世に生を受けた人は、いつか必ずエンディングを迎えます。必ず起こる出来事で、避けて通ることはできません。つまり、形はどうであれ、必ず「葬儀」は行わなければならないのです。

その時期はいつか分からないことですが、必ず起こることだからそこ、準備しておくことも必要なのではないでしょうか。

 

今までのタブー的な意味合いを除くと、葬儀の準備が対象外となってしまっている理由としては、

  • 相続関係のコンサルティングを行っている先生が葬儀について相談にのれない
  • 葬儀のコンサルティングを行っている人が周りにいない
  • 葬儀の準備を事前にしておく必要性がないと思っている

ではないでしょうか。

 

死亡したら必ず葬儀社にお世話にならなくてはならないのですから、”しっかり”準備まではしなくとも、”ある程度”準備をしておいた方が安心するのではないでしょうか。

 

矢印桃左.pngトラブルにしないための遺言書とは

突然の葬儀!の葬儀社選定は?矢印赤.png


        ポイント橙.gif 老い支度サポートの詳細についてはこちら

       ポイント紫 .gif 葬儀事前準備サポートの詳細についてはこちら

       ポイント緑.gif 死後相続手続きサポートの詳細についてはこちら

▲このページのトップに戻る
◆お問い合わせ・ご依頼はこちら